NTTコミュニケーションズのスマートフォン用のサービス(2011/07/01開始) 050plus が始まりました 以下の「VPNで通話料節約」の情報は正直いらないでしょう わざわざVPNで接続をしなくても アップルスト […]" />
多趣味な俺の日記
Saturday February 24th 2018

VPNで通話料節約

NTTコミュニケーションズのスマートフォン用のサービス(2011/07/01開始)

050plus が始まりました 以下の「VPNで通話料節約」の情報は正直いらないでしょう

わざわざVPNで接続をしなくても アップルストアから 050plus アプリを無料でDLすれば

iPhoneにIPフォンを入れて持ち歩けます 通話品質等も他のSIPアプリより安定しているので

050plus を強く推奨(^◇^)

App Store で今すぐダウンロード (050 plus)

以下の情報は趣味でVPNを使って自宅の光電話発信をしたい人は参考に

せっかくiPhoneやスマフォ使ってたら VPNWを活用して 通話料を節約できる

ただ 移動しながらや外でこの方法は多少面倒

最後には飽きちゃうって事になると思う(^_^;)

俺様がそうだからだ(笑)

この方法はこんな環境の人にお勧めだ

毎日いる場所でiPhoneがWi-FiW接続の環境にいる

会社デスクでお仕事をしている人で常時Wi-Fi接続である

自宅で常時Wi-FiW接続である

この方法だと何故良いか 理由とどんな風に通話料が節約できるかを説明をしよう

スマートフォンやiPhoneでSkypeW同士で通話すれば基本完全無料だ

ただしSkypeが普及しているとは言えまだPCかスマートフォンまでだ

スマートフォンを持っていない普通の携帯電話の人もまだまだ沢山いる

スマフォでSkypeは常時オンライン状態を相手に表示させておくのが難しい

また絶対繋がる という事が無い これは Skypeでやり取りをした事がある人なら

そんな経験をした人はいるだろう

さて そこで iPhoneアプリやアンドロイドアプリで「Tango」「Viber」という

絶対相手に呼出しが出来るソフト も登場したが

これが結構 音が相手に通らなかったり 全く通話が成立しない事もよくある

これもまた 利用している人はそんな経験は有ると思う

それにそのアプリはスマフォに限定もされてしまう

今回はiPhoneやスマフォで一般の光電話発信して通話をする方法の説明だ

まず 通話料金の違いがあるので簡単に説明をする

携帯電話から携帯電話

SBの例

ホワイトプラン       21円/30秒  42円/60秒

Wホワイトプラン 10.5円/30秒 21円/60秒

docomoの例

バリュープラン ベーシックプランに加入をすれば 15円/60秒は実現は可能だが

基本料が¥13000~¥15000位する訳だ これ基本料金だぜ(笑)

まぁ内¥11000分ほど無料通話分が含まれているが

docomoはよく使ってくれる人には安くしてあげるってシステムだな(笑)

よく金使う客にはちょっとサービスしてやろうって事(^_^;)

docomoはプランによって 20円/1分~40円/1分の開きがある そこは

自分の契約しているプランを参考に・・・

一般光電話から携帯に掛けた場合

16.8円/60秒 NTT携帯

18.375円/60秒 その他携帯電話

一般光電話からの通話はとてもシンプルで分かりやすくなっている 1分 16.8円か 1分 18.375円

30秒単位は無いが もし30秒だったら 30秒 約8円か9円だ

また一般電話にかけた場合は 7~8円/3分

さぁここからが本題だ まずいくつか必要条件を満たす必要がある

俺様 NTTの光電話の設定だけしか経験が無いから NTT光電話を例にして書く

それと全てiPhoneでの設定の話しにする

条件

  1. 発信する電話はNTT光電話である事
  2. NTT光電話のあるネットワークにPPTPサーバー機能が付いたルータがある事(例:バッファローWHR-G301N等)

ここ最近個人向けの市販されているアイオーデータやバッファロールータにはほとんどPPTPサーバー接続機能は付いている

  • NTT光電話用の接続機器(RP-S300NE)はルータ機能を止めてブリッジという設定にしてバッファロールータをルータモードで動かす

上の2点 これが揃っていれば 最初に書いた環境の人は 実現が可能だ

まず ルータはバッファロールータWHR-G301N の例で書く

インターネットに接続できる状態になったら バッファローのDDNSWお試し半年間に登録する

これは簡単だから半年間は無料なんで利用しよう

※半年後 DynDNS(英語)というずっと無料 を登録するまでバッファローのダイナミックDNSを利用しよう 最初からDynDNSで登録しても良い

次に 「iPhoneを家電の子機にする 意外と簡単」で iPhoneを発信元光電話の子機として登録する

ここまで設定が終わったら 次はiPhoneで別の場所から(例えば3G接続状態から)

発信元になる光電話のあるネットワークにあるバッファロールータの

VPNWサーバー(PPTP)へVPNW接続をする

接続先ターゲットはDDNSで登録したドメインだ 認証されれば iPhoneのディスプレイ上に

「VPN」と表示が出る

VPN接続されている状態で iPhoneのSIPアプリを立ち上げておけば 発信元ネットワークに疑似的にiPhoneが存在した事となり

発信元光電話の子機としてログインされる

その状態でSIPフォン(Session Initiation ProtocolW)から電話をかければ

世界中どこに居ても光電話発信が可能って事だ

例で言えば アメリカの会社に居ながら

03-****-**** から電話を発信出来る

また日本の発信元の家電話親機や子機に内線無料通話も出来る。

3GWでのSIPフォン通話はやはり通話品質が良くないが

Wi-FWi接続で発信するとかなり通話の品質は良いと思う

VPNWでそのネットワークに接続すると まだ他にもメリットはある

リモートソフトを使えば 離れた所から そのネットワークに存在するWindowsを操作したり

アプリを使って そのネットワーク上のHDDからファイルをDLしたりとか いろんなメリットがある

SIPフォンは立ちあげておくとかなりバッテリーの電力を使うが

会社とかにいられるなら いつでも充電が出来るからバッテリーの消費も気にならないはず

外で3G接続中にVPN接続をしても 3Gエリアがローミングで切り替わった時等

VPNが気が付いたら切断されていたりする

固定のWi-Fi接続していてもSIPフォンアプリが立ちあがっていないと iPhoneがサスペンドモードに入ると

VPNの接続が切断されるがSIPフォンアプリを立ち上げておけばVPNがキープ出来る

これで iPhoneでAに居ながら Bの光電話発信が可能となった

もちろんiPhoneにかかってきた電話も受け取れるし 発信元にかかって来た電話を

iPhoneのSIPフォンアプリで受け取れる

機能の制限とかも起きないから安心だ また

Bという場所へ内線通話も出来てしまうから超便利だね

ソフトバンク携帯へ 無料通話可能時間へ掛ける時は

全くこんな事は必要は無いが ソフトバンク有料通話時間やdocomo、auの携帯 一般の

電話回線にかけるんだったら やっぱしこの方法が一番安上がりじゃないかな

このエントリーを Google ブックマーク に追加
[`friendfeed` not found]
[`yahoo` not found]
[`evernote` not found]
Facebook にシェア
[`tweetmeme` not found]

(11 投票, 平均値/最大値: 3.73 / 5)
Loading...

Leave a Comment

*

Latest Topics

1年ここ更新できなかった

1年ここ更新できなかった

やっぱ今でもうちの娘Uniを思い出す。 思い出さない日なんてあったかなー? [Read More]

うちの娘Uniがあっち行った

うちの娘Uniがあっち行った

なんかいきなりすぎたなー この2週間位は食欲もなく [Read More]

天然のクーラーなんだな びっくりw

天然のクーラーなんだな びっくりw

今は2016年5月! 暑い日もあったりして 凄く天気の良い日に [Read More]

アンチャーテッド(゚∀゚)キタコレ!!

アンチャーテッド(゚∀゚)キタコレ!!

アンチャーテッド 海賊王と最後の秘宝 やっと発売になった! [Read More]

うちの娘Uni大丈夫かなー

うちの娘Uni大丈夫かなー

んー 新しい環境になって約2カ月が経った [Read More]

スカイプで通話

管理者と通話希望の方はSkypeで呼出す事が出来ます。 Call me! - Kawai

livedoorニュース

Calendar

2018年2月
« 9月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728  

Twitter Followme

アーカイブ

ブログのメール購読